• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

参院選では29万票も 都知事選を左右する“オタク票”の行方

 31日投開票の都知事選でひそかに注目を集めているのが、「オタク票」の行方だ。

 発端は先の参院選。新党改革から比例区で出馬し、2期目を目指した山田太郎氏が、落選したとはいえ、個人得票で29万1188票を集め、比例候補全体で13位、野党ではトップに!

 児童ポルノ禁止法改定によるマンガやアニメの表現規制に反対し続けている山田氏は自他共に認める“オタク族議員”だった。表現規制反対派の漫画家、赤松健氏が29万票獲得について、〈オタク層が票田になる可能性を示した初めての国政選挙になった〉などとツイートし、話題になった。

「選挙事務所を“聖地”秋葉原に置き、オタクの支持を広げた山田氏の都内での個人得票数は、約6万2000票。候補が多い参院選ではオタク票が分散した可能性もありますが、3候補に絞られつつある都知事選では上積みも期待できる。10万票を超えても不思議じゃない。行って来いで20万票差。接戦になれば、オタク票は無視できないというわけです」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る