• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

またひと儲け? 石原慎太郎氏が“トランプ対談”に前のめり

 角栄で当てた次はトランプか。

 石原慎太郎元都知事(83)と亀井静香衆院議員(79)が19日、日本外国特派員協会で会見、米大統領選の共和党指名を確定させたドナルド・トランプ(69)に面会を申し入れていることを明らかにした。

 16日に石原氏、亀井氏の連名で「意見交換申し入れ書」なる英文のペーパーをトランプの選対本部に送ったところ、会談の目的など詳細についての問い合わせがあったという。2人は近く訪米する予定だ。

 トランプ大統領実現の可能性は十分あるとした上で、石原氏は「亀井さんから同じ狂犬同士でケンカしてくればいいと持ちかけられた」と経緯を説明、こう続けた。

「トランプの既得権を破壊するパワーは評価するが、日本や世界に対する本質的な理解を欠いている。日本の技術力など知ってもらいたい。本日の案内文に、私は『有名な核保有論者』と紹介されているが、誤解がある。日本は即核武装できる技術はあるが、今さらヒンシュクを買って核開発する時期ではない」と得意の“上から目線”と“変節ぶり”は相変わらず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る