ぼったくり店を増やしただけだった「歌舞伎町浄化作戦」

公開日: 更新日:

 今の監視社会は、ここから始まったとみる向きもある。2002年2月、新宿・歌舞伎町に50台の監視カメラが設置された。ところが同年9月、歌舞伎町のど真ん中にある喫茶店で日本の暴力団幹部が中国人マフィアに射殺される事件が発生。

「メンツを潰された警視庁は翌03年4月に、1000人余りの警察官を動員し、歌舞伎町の風俗店や暴力団の一斉取り締まりに乗り出したのです」(警視庁OB)

 同年10月、都は法務省などと「首都東京における不法滞在外国人対策の強化に関する共同宣言」を発表。石原は「5年間で不法滞在者を半減させる」とブチ上げた。

「浄化作戦は石原さんの『シナ人』発言に象徴される“外国人嫌い”と相まって強化された。警視庁などは05年2月末までに風俗店約280店を摘発し、そのうち7割以上が廃業に追い込まれた。外国人は一気に1000人以上も摘発されました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事