日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ当選で米国脱出? “移住サイト”にアクセス殺到

 トランプ勝利が確定した直後から、米国内から世界各国の移住紹介サイトへのアクセスが急増している。

 カナダ政府の入国管理局が運営する移民情報ウェブサイトは8日夜からアクセスが殺到。同サイトへの接続が困難な状態が続いているという。

 共和党の大統領候補予備選でトランプが優勢となった3月のスーパーチューズデー以降、同サイトへのアクセスが増えていたが、ここにきて激増したため、サイトダウンの事態を招いた形だ。

 カナダ移民局では「米国民は要件を満たせば、カナダへの移住は容易。永住希望者はさまざまな手段でカナダへ移住できる」としており、申請から2カ月ほどで永住権を取得できるという。

 また、同じ英語圏であるニュージーランドやオーストラリアの入国管理当局のサイトへのアクセスも急増。ニュージーランド入管当局によると、大統領選前の1週間だけで、2000人近い米国民からの移住ビザの申請があった。また、同国のIT関連企業へは米国民から求人の問い合わせが殺到しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事