トランプ当選で米国脱出? “移住サイト”にアクセス殺到

公開日: 更新日:

 トランプ勝利が確定した直後から、米国内から世界各国の移住紹介サイトへのアクセスが急増している。

 カナダ政府の入国管理局が運営する移民情報ウェブサイトは8日夜からアクセスが殺到。同サイトへの接続が困難な状態が続いているという。

 共和党の大統領候補予備選でトランプが優勢となった3月のスーパーチューズデー以降、同サイトへのアクセスが増えていたが、ここにきて激増したため、サイトダウンの事態を招いた形だ。

 カナダ移民局では「米国民は要件を満たせば、カナダへの移住は容易。永住希望者はさまざまな手段でカナダへ移住できる」としており、申請から2カ月ほどで永住権を取得できるという。

 また、同じ英語圏であるニュージーランドやオーストラリアの入国管理当局のサイトへのアクセスも急増。ニュージーランド入管当局によると、大統領選前の1週間だけで、2000人近い米国民からの移住ビザの申請があった。また、同国のIT関連企業へは米国民から求人の問い合わせが殺到しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る