50代以上が移住で注目 地中海小国「マルタ」を好むワケ

公開日:  更新日:

英語を学ぶ留学地

 シチリア島の南方、地中海の真ん中に浮かぶ島国・マルタ島は、50代以上の日本人中高年の人気がジワジワと高まっている。マルタ島は、淡路島より面積が小さく、人口は約42万人の小さな島。世界から年間120万人が訪れる。日本人旅行客はまだ約1%程度だが、リタイア後の移住先として俄然、注目されているのだ。


 公用語は英語とマルタ語。国民のほとんどが英語を話す。ヨーロッパ各地やブラジル、コロンビアなど南米からの大人の留学生も多いため、英語学校は45以上もある。

「昨年からかなり伸びました。一昨年の倍近くの101件。今年は94件。来年も3月までの渡航を希望する23件の申し込みがあります。その中に50~60代の中高年の渡航者が増えています。仕事を数週間~1カ月休んで短期留学、リタイア後に夫婦でロングステイ、50代の主婦が単身で1カ月、語学留学するというケースもあります」(マルタ専門コンサルティング会社「IEC JAPAN」古賀瑞恵代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  7. 7

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

もっと見る