死に体も…朴大統領の居直り許す韓国検察と国会の猿芝居

公開日: 更新日:

 雲行きが怪しくなってきた。韓国を大揺れさせている崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐり、朴槿恵大統領に対面聴取を求めてきた検察が、態度を軟化させているのだ。

 検察は当初、16日までの聴取を要望したが、朴大統領は準備不足を口実に拒否。弁護士を通じて「大統領への調査は書面が原則」との意向を示した。すると検察は聴取期限を18日まで延期。支持率が5%まで落ち込む究極のレームダックとはいえ、絶大な大統領権力を握る朴大統領の延命シナリオ通りにコトが動く状況だ。

「日本と韓国は検察文化が異なる。韓国検察は融通無碍。いかようにもする」

 こう言うのは、韓国検察による取り調べ経験を持つ産経新聞元ソウル支局長の加藤達也氏だ。崔順実ゲート事件の炎上を受けて16日、外国特派員協会で会見。14年のセウォル号沈没事件の関連記事で朴大統領に対する名誉毀損の疑いをかけられ、被疑者として3日間調べられた(在宅起訴後、無罪判決)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る