• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

死に体も…朴大統領の居直り許す韓国検察と国会の猿芝居

 雲行きが怪しくなってきた。韓国を大揺れさせている崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐり、朴槿恵大統領に対面聴取を求めてきた検察が、態度を軟化させているのだ。

 検察は当初、16日までの聴取を要望したが、朴大統領は準備不足を口実に拒否。弁護士を通じて「大統領への調査は書面が原則」との意向を示した。すると検察は聴取期限を18日まで延期。支持率が5%まで落ち込む究極のレームダックとはいえ、絶大な大統領権力を握る朴大統領の延命シナリオ通りにコトが動く状況だ。

「日本と韓国は検察文化が異なる。韓国検察は融通無碍。いかようにもする」

 こう言うのは、韓国検察による取り調べ経験を持つ産経新聞元ソウル支局長の加藤達也氏だ。崔順実ゲート事件の炎上を受けて16日、外国特派員協会で会見。14年のセウォル号沈没事件の関連記事で朴大統領に対する名誉毀損の疑いをかけられ、被疑者として3日間調べられた(在宅起訴後、無罪判決)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る