• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政治もスポーツも大混乱 東京より不安な18年韓国平昌五輪

 18年に平昌五輪を開催する韓国が大揺れだ。

 朴槿恵大統領を背後で操っていた崔順実容疑者は、平昌五輪も食い物にして巨額な利益を得ようとしていたことが明らかになってきたが、醜聞は政治の話だけではない。

 韓国の警察当局は7日、韓国プロ野球の試合で八百長に関与した疑いで、複数の球団関係者が警察の取り調べを受けたと発表した。疑惑の人物は、元NCダイノスの投手とゼネラルマネジャーに球団幹部。球団職員は以前所属していた元投手の八百長を隠蔽した疑いがもたれている。

 韓国のプロ野球は、これまで八百長問題でファンを何度も裏切ってきたが、近年だけでも、11年には野球、サッカー、バレーボール、競艇などで八百長が発覚。昨年もバスケットボール、柔道、レスリングの現役と元選手が、八百長の容疑で捜査された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る