政治もスポーツも大混乱 東京より不安な18年韓国平昌五輪

公開日:

 18年に平昌五輪を開催する韓国が大揺れだ。

 朴槿恵大統領を背後で操っていた崔順実容疑者は、平昌五輪も食い物にして巨額な利益を得ようとしていたことが明らかになってきたが、醜聞は政治の話だけではない。

 韓国の警察当局は7日、韓国プロ野球の試合で八百長に関与した疑いで、複数の球団関係者が警察の取り調べを受けたと発表した。疑惑の人物は、元NCダイノスの投手とゼネラルマネジャーに球団幹部。球団職員は以前所属していた元投手の八百長を隠蔽した疑いがもたれている。

 韓国のプロ野球は、これまで八百長問題でファンを何度も裏切ってきたが、近年だけでも、11年には野球、サッカー、バレーボール、競艇などで八百長が発覚。昨年もバスケットボール、柔道、レスリングの現役と元選手が、八百長の容疑で捜査された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る