• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

電通が明らかに 「鬼十則」2017年社員手帳から削除検討

 電通は17日、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」などの言葉が並ぶ「鬼十則」という仕事に対する心構えについて、2017年の社員手帳から削除することを検討していると明らかにした。

 新入社員が過労自殺し、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という内容が過重労働につながっているとの指摘を受けている。

「鬼十則」は1951年に制定された。中興の祖である4代目社長の吉田秀雄氏の遺訓。

「鬼十則」には、「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきではない」「『大きな仕事』と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする」「『難しい仕事』を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある」「『自信』を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない」「『摩擦を恐れるな』、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる」――といった10項目の言葉が並んでいる。かつては新人研修でも教えられ、管理職世代は、とくにその影響を受けているという。

 過労自殺した高橋まつりさんの母親は、9日に都内で講演した際、「有名な社訓には『殺されても放すな』とある。命より大切な仕事はない」と批判していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る