電通が明らかに 「鬼十則」2017年社員手帳から削除検討

公開日:

 電通は17日、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」などの言葉が並ぶ「鬼十則」という仕事に対する心構えについて、2017年の社員手帳から削除することを検討していると明らかにした。

 新入社員が過労自殺し、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という内容が過重労働につながっているとの指摘を受けている。

「鬼十則」は1951年に制定された。中興の祖である4代目社長の吉田秀雄氏の遺訓。

「鬼十則」には、「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきではない」「『大きな仕事』と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする」「『難しい仕事』を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある」「『自信』を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない」「『摩擦を恐れるな』、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる」――といった10項目の言葉が並んでいる。かつては新人研修でも教えられ、管理職世代は、とくにその影響を受けているという。

 過労自殺した高橋まつりさんの母親は、9日に都内で講演した際、「有名な社訓には『殺されても放すな』とある。命より大切な仕事はない」と批判していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る