電通が明らかに 「鬼十則」2017年社員手帳から削除検討

公開日:

 電通は17日、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」などの言葉が並ぶ「鬼十則」という仕事に対する心構えについて、2017年の社員手帳から削除することを検討していると明らかにした。

 新入社員が過労自殺し、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」という内容が過重労働につながっているとの指摘を受けている。

「鬼十則」は1951年に制定された。中興の祖である4代目社長の吉田秀雄氏の遺訓。

「鬼十則」には、「仕事は自ら『創る』べきで、与えられるべきではない」「『大きな仕事』と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする」「『難しい仕事』を狙え、そしてそれを成し遂げるところに進歩がある」「『自信』を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない」「『摩擦を恐れるな』、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる」――といった10項目の言葉が並んでいる。かつては新人研修でも教えられ、管理職世代は、とくにその影響を受けているという。

 過労自殺した高橋まつりさんの母親は、9日に都内で講演した際、「有名な社訓には『殺されても放すな』とある。命より大切な仕事はない」と批判していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る