日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

止まらぬトランプの大統領令連発 国連への拠出金削減か

 就任以来、大統領令を連発しているトランプ大統領が、新たな大統領令を複数準備していることが分かった。

 米紙ニューヨーク・タイムズによると、一つはイランや北朝鮮などへの制裁を妨げる国際機関に対する、資金拠出の減額や停止を可能にする大統領令。対象となる機関は国連をはじめ国際刑事裁判所など。さらに、多国間条約の見直しに着手する大統領令の草案も準備中。トランプに盾を突く者は、国際機関だろうと国家だろうと許さないという態度を鮮明にしている。

 トランプは就任初日、医療保険制度オバマケアを見直す大統領令に署名したのを皮切りに、人工中絶関連機関への補助金支出禁止、TPP離脱、石油パイプライン建設などの10本の大統領令に署名。25日にもメキシコ国境の壁建設、ニューヨークやシカゴなど、不法移民に寛大な“聖域都市”への補助金停止の大統領令に署名した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事