小池都知事いよいよ着手 “慎太郎利権”潰しで新たな攻めに

公開日: 更新日:

 東京・豊洲市場の移転問題でキーマンとされる石原慎太郎元都知事に対し、いよいよ小池百合子都知事が新たな“攻め”に打って出た。かつて「公私混同」「都政私物化」と批判された「石原案件」とされる事業の刷新に着手し、「慎太郎潰し」に乗り出したのだ。

 小池知事が真っ先に“標的”にしたのは、2001年に石原が発案者となった文化事業「トーキョーワンダーサイト(TWS)」。01~06年、本郷や渋谷など都内3カ所に美術館が造られ、目的は若手芸術家の育成――などとされた。予算や要職の人事について、石原の「公私混同」と叩かれた施設だ。小池は3日の会見で「(TWSは)『終期』を迎えた」と断言。4月以降、3施設の名称とロゴマークを変更した上で、渋谷区の「TWS渋谷」も造り替える方針を明らかにした。

「石原知事は99年の就任直後から、低迷する文化施設事業の自助努力を促すために予算削減に着手。『都立現代美術館』などの予算を3~4割カットした一方、05年度に9000万円だったTWSの予算を翌年に約5倍の4億4200万円に増やしました。さらに、発足当時の館長と副館長には四男の延啓氏の友人夫妻を就任させ、延啓氏自身も外部役員とした。美術館の窓を飾るステンドグラスの原画は、石原知事が『君がやってみろ』と延啓氏に指示したといい、都から300万円の報酬が支払われています」(都政記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  9. 9

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  10. 10

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る