日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金正男暗殺は資産「200億円」が理由だった…返還命令に従わず

 おぞましい兄殺しの裏には巨額な“秘密資金”の存在があったようだ。16日の韓国の聯合ニュースによると、金正男は4年前に処刑された叔父の故・張成沢国防副委員長から巨額の遺産を受け継いだという。

 金正恩は「全額返還しろ!」と迫ったが、正男が従わなかったため激怒したというのだ。

 海外を転々としていた正男は、張成沢から多額の資金援助を受けていたという。張成沢の死刑判決文には、「1年間に460万ユーロ(約5億5000万円)以上を秘密金庫から引き出して使った」とあった。正男が後継者争いに敗れた2009年から張成沢が処刑される13年まで毎年、引き出した5億円のうち2億~3億円が正男に流れていた可能性もあり、トータル10億円以上になる計算だ。

 正男は張成沢から、資金援助とは別に巨額資産も譲り受けたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事