暴力やめて多数派工作 山口組抗争が“アピール合戦”に突入

公開日:

 一昨年8月から続く山口組の分裂騒動。「6代目山口組」と「神戸山口組」がトラックで突っ込み、銃弾を撃ち込むといった派手な話を聞かなくなったが、14日にキナ臭い騒ぎが起きた。東京・赤坂でヤクザ70人が睨み合ったのだ。

「騒動が起きたのは白昼です。赤坂の繁華街に黒塗りのクルマが何台も止まり、ヤクザがズラズラ降りてきた。警官が駆けつけたせいか暴力沙汰にはならなかったけど、緊張が走りました。対立したのは神戸側の中核組織『山健組』の傘下団体と『住吉会』の2次団体。みかじめ料や債権の回収などシノギに関するトラブルが原因とみられています。気になるのは住吉側が60人なのに対して神戸側はわずか10人だったこと。赤坂は住吉の本部がある街とはいえ、神戸側の10人は少なすぎる気がします」(捜査事情通)

 そこで囁かれているのが「どうやら東京では6代目側が優勢らしい」という見方だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る