金正男暗殺は外交官が暗躍 北朝鮮は国民全員が「工作員」

公開日: 更新日:

 金正男暗殺は北朝鮮の国家ぐるみの犯罪だったようだ。マレーシア警察は、23日までに北朝鮮大使館の職員らが事件を画策した主導的人物だと公表。不逮捕特権のある外交官を暗殺者に仕立てる北朝鮮の何でもありの一面が改めて浮き彫りとなった。

 マレーシア警察が重要参考人として出頭を求めているのは、北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)と国営高麗航空のキム・ウギル職員(37)。カリド警察長官は「(出頭しなければ)逮捕状を取る」としているが、2人は北朝鮮大使館にこもったまま。いわゆる「ウィーン条約」は、外国の大使館や領事館に治外法権を認めている。しかも外交官には不逮捕特権もあり、現実的に逮捕するのは難しそうだ。

 それにしても、外交官が暗殺計画で暗躍していたことに、世界中が驚愕したのではないか。

 元韓国国防省北朝鮮情報分析官で拓殖大客員研究員の高永喆氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る