金正男暗殺は外交官が暗躍 北朝鮮は国民全員が「工作員」

公開日:

 金正男暗殺は北朝鮮の国家ぐるみの犯罪だったようだ。マレーシア警察は、23日までに北朝鮮大使館の職員らが事件を画策した主導的人物だと公表。不逮捕特権のある外交官を暗殺者に仕立てる北朝鮮の何でもありの一面が改めて浮き彫りとなった。

 マレーシア警察が重要参考人として出頭を求めているのは、北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン2等書記官(44)と国営高麗航空のキム・ウギル職員(37)。カリド警察長官は「(出頭しなければ)逮捕状を取る」としているが、2人は北朝鮮大使館にこもったまま。いわゆる「ウィーン条約」は、外国の大使館や領事館に治外法権を認めている。しかも外交官には不逮捕特権もあり、現実的に逮捕するのは難しそうだ。

 それにしても、外交官が暗殺計画で暗躍していたことに、世界中が驚愕したのではないか。

 元韓国国防省北朝鮮情報分析官で拓殖大客員研究員の高永喆氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る