証人は極秘メモ次々否定 豊洲百条委に“死人に口なし”の壁

公開日: 更新日:

「石原知事が安全宣言しないと、土地の価格が下がって困るだろう」「脅かしてきた。議論してもムダ」――。20年近くヒタ隠しにされてきた極秘メモが明るみに出た。豊洲市場問題を検証する都議会・百条委員会の初日(11日)。用地取得に向けた都と東京ガスの水面下交渉の記録とされるメモが次々と読み上げられた。

 用地取得をめぐっては、交渉役の浜渦武生副知事(当時)が2000年10月4日、売却に難色を示す東ガス側に「水面下でやりましょう」と提案。それ以降、翌01年2月21日に「協議開始の覚書」を交わすまでの記録について、都は一切残っていないとしてきた。

 そんな極秘メモを東ガス提供の資料から見つけたのは、小池与党の公明党と都民ファーストの会だ。資料の到着は百条委開始のほぼ24時間前。段ボール箱50個分に及ぶ“紙の山”から、それぞれ探り当てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る