小口幸人
著者のコラム一覧
小口幸人弁護士

1978年、東京都生まれ。中央大学商学部経営学科卒業。一部上場企業の営業職から弁護士に転身。司法過疎地である岩手県宮古市で3年半、1000件以上の相談に対応。同地で東日本大震災に遭い、被災者支援にも取り組む。沖縄本島南部の八重瀬町に南山法律事務所を開所。沖縄弁護士会所属。

金田法相が答弁で表明 法案の“テロ集団”に意味なしの仰天

公開日: 更新日:
反対の声は大きくなる一方(C)日刊ゲンダイ

 安倍政権は、共謀罪はテロ対策に不可欠だと訴えていますが、2月末、政府が検討していた「共謀罪法案」には、「テロ」の文言はまったく入っていませんでした。批判された政府は、法案に「テロリズム集団その他の」という文言を挿入する修正を行っています。

 ところ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  7. 7

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  8. 8

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  9. 9

    東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る