• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小口幸人
著者のコラム一覧
小口幸人弁護士

1978年、東京都生まれ。中央大学商学部経営学科卒業。一部上場企業の営業職から弁護士に転身。司法過疎地である岩手県宮古市で3年半、1000件以上の相談に対応。同地で東日本大震災に遭い、被災者支援にも取り組む。沖縄本島南部の八重瀬町に南山法律事務所を開所。沖縄弁護士会所属。

いずれ国民を監視するための通信傍受の法律が成立する

日本で監視活動を行っていたエドワード・スノーデン氏(C)AP

 共謀罪は、すでに存在する277の刑罰法規を、計画+準備段階で処罰できるようにする法律です。これまで、犯罪が実行され、結果が生じた時点で処罰していた277の罪を、犯罪が実行されるより前、計画+準備の段階で処罰できるようにする内容になっています。

 つ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事