浜渦元副知事の「偽証」より追及すべきは2つの重大岐路

公開日: 更新日:

「今朝、ごはんを食べていないのをどう立証する? うそをついていると言う議会が立証すべきだ」――。豊洲市場の用地取得の交渉責任者だった浜渦武生元副知事がきのう(10日)、都庁で反論会見を開いた。

 自ら進行を仕切り、時には冗談を交え、食い下がる記者には一喝。べらんめえ調で約1時間にわたって「偽証の疑いが濃厚」とした百条委の小池与党会派の指摘を否定したが浜渦氏の偽証などしょせん、チンケな話だ。

 会見で浜渦氏も指摘した通り、百条委が「証言を求める事項」に掲げたのは、①築地市場から豊洲市場への移転の経緯及び両市場の適正性②(元地権者)東京ガスとの交渉及び土地売買の経緯③豊洲市場の土壌汚染対策及び主な建物下に盛り土が行われなかった経緯④豊洲市場建設工事における契約事務。実際は②だけに時間を費やし、残りはほったらかし。真相究明に本気なら、2007年と1995年にあった2大ターニングポイントを追及すべきである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  9. 8

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る