住民訴訟で新事実 豊洲移転を再検証するタイミングあった

公開日: 更新日:

 混迷極める豊洲市場問題。「土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法」と訴える住民訴訟で、新たな事実が分かった。

 最大で環境基準の4万3000倍ものベンゼンが検出された翌2009年、都庁内で土地購入に慎重意見が出ていたことを示す資料が5月31日、原告の要求で出てきたのだ。09年4月13日付の「豊洲新市場用地購入について」なる資料がそれで、市場担当部局と財務局のやりとりが記され、財務局はこんな不安をこぼしている。

〈豊洲新市場が現在、クローズアップされている以上、用地購入価格等については、情報開示請求がなされる可能性が高い〉〈(土地の)評価の際には(東京ガス独自で実施済みのため)土壌汚染はないものとするとした場合でも、評価では、その対策費用(新たに都が見積もった586億円)を控除する必要がある〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  9. 9

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  10. 10

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

もっと見る