• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

住民訴訟で新事実 豊洲移転を再検証するタイミングあった

 混迷極める豊洲市場問題。「土壌汚染対策費を考慮せずに土地を購入したのは違法」と訴える住民訴訟で、新たな事実が分かった。

 最大で環境基準の4万3000倍ものベンゼンが検出された翌2009年、都庁内で土地購入に慎重意見が出ていたことを示す資料が5月31日、原告の要求で出てきたのだ。09年4月13日付の「豊洲新市場用地購入について」なる資料がそれで、市場担当部局と財務局のやりとりが記され、財務局はこんな不安をこぼしている。

〈豊洲新市場が現在、クローズアップされている以上、用地購入価格等については、情報開示請求がなされる可能性が高い〉〈(土地の)評価の際には(東京ガス独自で実施済みのため)土壌汚染はないものとするとした場合でも、評価では、その対策費用(新たに都が見積もった586億円)を控除する必要がある〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る