陸揚げコンテナは年間865万個…殺人毒アリ“拡散”の恐怖

公開日: 更新日:

 南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」が神戸港の周辺で拡散し、大騒ぎになっている。国内で初めて発見されてから3週間。神戸市は特定外来生物ヒアリ対策緊急本部を設置して対応を急いでいるが、不安は増すばかりだ。

 コトの経緯はこうだ。中国・広州市を出港した貨物船がヒアリを積んだコンテナを先月20日に神戸港に陸揚げ。26日に尼崎市内でコンテナから積み荷を取り出す際に数百匹のヒアリが卵や幼虫、さなぎと一緒に見つかった。神戸市や環境省がコンテナ保管場所の周辺で緊急調査を実施したところ、保管場所から20~30メートル離れた舗装の亀裂3カ所でヒアリ約100匹を確認したという。

 ヒアリは赤褐色で、体長2.5~6ミリほど。尻にある毒針で標的を繰り返し刺すほど攻撃性が強いが、その後がもっと恐ろしい。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る