陸揚げコンテナは年間865万個…殺人毒アリ“拡散”の恐怖

公開日:

 南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」が神戸港の周辺で拡散し、大騒ぎになっている。国内で初めて発見されてから3週間。神戸市は特定外来生物ヒアリ対策緊急本部を設置して対応を急いでいるが、不安は増すばかりだ。

 コトの経緯はこうだ。中国・広州市を出港した貨物船がヒアリを積んだコンテナを先月20日に神戸港に陸揚げ。26日に尼崎市内でコンテナから積み荷を取り出す際に数百匹のヒアリが卵や幼虫、さなぎと一緒に見つかった。神戸市や環境省がコンテナ保管場所の周辺で緊急調査を実施したところ、保管場所から20~30メートル離れた舗装の亀裂3カ所でヒアリ約100匹を確認したという。

 ヒアリは赤褐色で、体長2.5~6ミリほど。尻にある毒針で標的を繰り返し刺すほど攻撃性が強いが、その後がもっと恐ろしい。関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る