• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

報告件数10年で20倍…寄生虫「アニサキス」急増の恐怖

 魚介類の寄生虫「アニサキス」の急増で不安が広がっている。厚労省の統計によると、2007年に6件だった報告件数が、16年に20倍以上の124件に達した。

 同省のHPによると、アニサキスの幼虫は体長2~3センチ。サバやイワシ、カツオ、イカなどの魚介類に寄生する。食酢や塩漬け、醤油、わさびでは死滅しない。

 なぜ急増したのか。

「ひとつには医療機関から保健所への届け出が増えたこと。これまではお腹が痛くなり胃けいれんとして処置された患者が、内視鏡が発達したため、アニサキスが原因として届けられるようになったのです」

 こう説明するのは、寄生虫に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染症学)だ。

 報告件数が急増したもうひとつの原因は、魚の流通方法が変わったこと。アニサキスは70度以上で加熱したり、マイナス20度以下で24時間冷凍すると死滅するが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る