報告件数10年で20倍…寄生虫「アニサキス」急増の恐怖

公開日:

 魚介類の寄生虫「アニサキス」の急増で不安が広がっている。厚労省の統計によると、2007年に6件だった報告件数が、16年に20倍以上の124件に達した。

 同省のHPによると、アニサキスの幼虫は体長2~3センチ。サバやイワシ、カツオ、イカなどの魚介類に寄生する。食酢や塩漬け、醤油、わさびでは死滅しない。

 なぜ急増したのか。

「ひとつには医療機関から保健所への届け出が増えたこと。これまではお腹が痛くなり胃けいれんとして処置された患者が、内視鏡が発達したため、アニサキスが原因として届けられるようになったのです」

 こう説明するのは、寄生虫に詳しい東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏(感染症学)だ。

 報告件数が急増したもうひとつの原因は、魚の流通方法が変わったこと。アニサキスは70度以上で加熱したり、マイナス20度以下で24時間冷凍すると死滅するが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る