軽い食感はスナック感覚 夏の疲労には昆虫グルメのススメ

公開日:  更新日:

「虫、食べに行きません?」と、開高健ノンフィクション賞作家の黒川祥子さんから電話があったのは8月末。

 昆虫食を取り上げた本を読み、「食べずにどうこう言うのは間違えている」と思ったのだとか。2人だと“逃げ場”がなさそうだと、虫うんぬんを伝えずに、さらに仲間を2人誘った。

 向かったのは、「虫がうまい」と食べログで評価が高いミャンマー・シャン族の料理店「ノング インレイ」(東京・高田馬場)。狙っていた竹虫はシーズンオフでなかったが、セミ、コオロギはあった。初めてなので、1000円以下という値段がリーズナブルなのかどうかが分からない。

 仲間2人に、初めて「今日は虫を食べる」と明かす。引くかと思いきや、意外にも普通の反応。高知出身30代のSさんは「イナゴやハチの子は地元では食べていた」。千葉出身40代のNさんは「まぁ、普通ですよ、きっと」と、至って冷静。最初はビビり気味だった黒川さんも「そういえば、母親は疲れている時、よくイナゴを食べていた。近所の人の手作りのイナゴは、特に宝物のように大事に食べていた」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る