「私らを落としてみろ」 自民・二階幹事長が“逆切れ口撃”

公開日: 更新日:

「私らを落とすなら、落としてみろ」――。30日、東京・国分寺市での都議選応援演説で自民党の二階俊博幹事長がマスコミにほえまくった。

 二階氏は29日の演説で北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する際、精神障害者への差別的表現を使ったため、演説後、記者団に「今後注意したい」と釈明した。30日の演説では「きょうもマスコミが来ているが、言葉をひとつ間違えたら、すぐいろいろなことを書く」と牽制。「選挙が弱かったら落とされてしまう。私たちを落とすなら落としてみろと。マスコミの人だけが選挙を左右すると思ったら大間違い」「あんたらはどういうつもりで書いてるか知らんが、われわれはお金を払って(新聞を)買ってるんだよ」となじった。

 都議選の終盤で稲田朋美防衛相の問題発言や下村博文元文科相の闇献金疑惑が噴出。そこに自身が釈明に追い込まれたためイライラが募ったようだ。国民の信頼を失いつつある自民党の窮状を物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る