「私らを落としてみろ」 自民・二階幹事長が“逆切れ口撃”

公開日:  更新日:

「私らを落とすなら、落としてみろ」――。30日、東京・国分寺市での都議選応援演説で自民党の二階俊博幹事長がマスコミにほえまくった。

 二階氏は29日の演説で北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する際、精神障害者への差別的表現を使ったため、演説後、記者団に「今後注意したい」と釈明した。30日の演説では「きょうもマスコミが来ているが、言葉をひとつ間違えたら、すぐいろいろなことを書く」と牽制。「選挙が弱かったら落とされてしまう。私たちを落とすなら落としてみろと。マスコミの人だけが選挙を左右すると思ったら大間違い」「あんたらはどういうつもりで書いてるか知らんが、われわれはお金を払って(新聞を)買ってるんだよ」となじった。

 都議選の終盤で稲田朋美防衛相の問題発言や下村博文元文科相の闇献金疑惑が噴出。そこに自身が釈明に追い込まれたためイライラが募ったようだ。国民の信頼を失いつつある自民党の窮状を物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る