「私らを落としてみろ」 自民・二階幹事長が“逆切れ口撃”

公開日:  更新日:

「私らを落とすなら、落としてみろ」――。30日、東京・国分寺市での都議選応援演説で自民党の二階俊博幹事長がマスコミにほえまくった。

 二階氏は29日の演説で北朝鮮の弾道ミサイル発射を批判する際、精神障害者への差別的表現を使ったため、演説後、記者団に「今後注意したい」と釈明した。30日の演説では「きょうもマスコミが来ているが、言葉をひとつ間違えたら、すぐいろいろなことを書く」と牽制。「選挙が弱かったら落とされてしまう。私たちを落とすなら落としてみろと。マスコミの人だけが選挙を左右すると思ったら大間違い」「あんたらはどういうつもりで書いてるか知らんが、われわれはお金を払って(新聞を)買ってるんだよ」となじった。

 都議選の終盤で稲田朋美防衛相の問題発言や下村博文元文科相の闇献金疑惑が噴出。そこに自身が釈明に追い込まれたためイライラが募ったようだ。国民の信頼を失いつつある自民党の窮状を物語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る