日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“重婚ストーカー”中川俊直議員「2万円お詫び会」の非常識

「あまりに非常識」――。目下、自民党内で話題の的になっているのが、前代未聞の“重婚ストーカー”疑惑で経産政務官を辞任、自民党を離党した中川俊直衆院議員。この人の行状も、自民党の支持率下落に少なからず寄与したはずだ。先月から地元の広島で“お詫び行脚”を始めたが、8月23日にはホテルニューオータニで「お詫びと再起の会」を開催するという。

「案内を見て、仰天しました。午前8時からの朝食会で、会費は1人2万円。なぜ、お詫びするのに高額のカネを取るのか。お詫びなら地元でやればいいと思いますが、東京で開催するのも意味が分からない。離党の経緯について、記者会見も開かず逃げ回っていたのに、よくこんな会を開けるものです。支持率が急落している局面で“お詫びパーティー”の案内なんて、厚顔無恥にも程がある。党に迷惑をかけた自覚もないんですかね。さすがは『魔の2回生』です」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事