米高裁が待った 辺野古基地建設にジュゴンが一矢報いるか

公開日:

 安倍政権が強行する沖縄・辺野古の新基地建設問題。28日、キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ反対住民の中に、ジュゴンのオブジェがあった。機動隊は工事車両搬入のため、住民とともにオブジェも強制排除。実はジュゴンが今、基地反対運動の中心にいる。

 2003年に県民らが、米国防総省を相手取って現地裁判所に提訴した辺野古基地建設をめぐる「沖縄ジュゴン訴訟」。先週、サンフランシスコ控訴裁は、原告の当事者適格を認めた上で、「政治的問題を提起するものでもない」として、訴えを退けた15年の1審判決を覆し、連邦地裁に差し戻した。

 米国の「国家歴史保存法」は、米国が海外で活動する場合、相手国で法的保護されている文化財は保護の対象にすると規定する。県民らは同法を根拠に、日本の文化財保護法で天然記念物に指定されたジュゴンを保護する義務があると訴えていた。差し戻し審では、ジュゴン保護の義務が尽くされているか、司法の目で検証される可能性が出てきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る