江崎沖縄北方相がさっそく失言 「お役所の原稿を朗読」

公開日: 更新日:

 安倍改造内閣の正体見たりだ――。

 3日の内閣改造で初入閣した江崎鉄磨沖縄北方相が5日、地元・愛知県一宮市で、今後の国会答弁で「役所の原稿を朗読する」と述べた。北方領土問題について「素人。皆さんの知恵で色をつけてもらう」とも語った。江崎氏は6日“失言”について「誤った答弁をしないようにするとの意味だった」と釈明した。

 地元事務所であった支援者らによる就任祝賀会合の後、記者団の質問に答えて「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。立ち往生より、ちゃんと答弁書を朗読かな」と話した。

 確かに前内閣はヒド過ぎる答弁のオンパレードだった。金田法相は「私の頭脳では対応できません」など珍答弁を連発し、稲田防衛相は森友学園の弁護士をめぐってウソ答弁を撤回。日報問題でも虚偽答弁が濃厚だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る