【山梨2区】12年戦争決着へ 紙爆弾飛び交う自民の泥仕合

公開日:  更新日:

井桁  亮48希新
小林 弘幸45立新
大久保令子67共新
長崎幸太郎49無前
堀内 詔子51無〇前

「ようやく“12年戦争”が決着しますね」と地元住民はささやく。自民同士の対決である。

 堀内詔子の義父、堀内光雄元通産大臣の代から続く因縁のバトル。長崎は05年郵政選挙で、造反した光雄の“刺客”として送り込まれた。

 光雄から詔子に代わった12、14年選挙は、自民公認を得られず「無所属」で出馬した長崎に軍配。「自民公認」の堀内は比例復活に甘んじてきた。堀内は岸田派、長崎は二階派で、今回は幹事長の二階が「いずれも無所属で立候補し、勝った方を追加公認」とゴリ押し。比例復活がないだけに“泥仕合”になっている。

 二階に猛反発の自民山梨県連は、堀内を“県連公認”。長崎は“親分”二階の和歌山県連に所属している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る