高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

5年連続の“官製春闘”で糊塗するアベノミクスの経済失政

公開日: 更新日:

 財界に賃上げ圧力を加える理由もハッキリしている。政治権力を行使して賃金を強引に引き上げれば、消費も増える。消費が増えれば物価も上がる。こうして異次元緩和の目標に掲げた物価上昇率2%に近づけたい。要するにアベノミクスの失敗を何が何でも糊塗したいだけだ。「今なら勝てる」の衆院解散でも露見したが、とことん自己都合を優先させる首相である。

 さかのぼること4年半前。日銀が異次元緩和に踏み切った際、黒田総裁を筆頭にリフレ派は「マネタリーベース(資金供給量)を増やせば、インフレが起こる」と胸を張ったものだ。ところが、マネタリーベースは当時の130兆円台から足元では470兆円余りと3・5倍も膨らんだのに、物価上昇率2%の目標はいまだ一度も達成できていない。

 黒田日銀は31日の金融政策決定会合で、今年度の物価上昇率見通しを前年度比0・8%に下方修正した。2%の物価上昇率なんて夢のまた夢。すでに6回も先送りされた達成時期は再び延期されることになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  7. 7

    家賃収入4000万円 “ママチャリ大家”の不動産投資人生<前>

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    “おっぱい”丸山氏 次は“出所不明”300万円超の政治資金疑惑

  10. 10

    衝撃の調査結果で再燃 JUMP山田涼介&中島裕翔の不仲説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る