平昌五輪でも目玉に? 北朝鮮“美女軍団”報道の過熱に苦言

公開日: 更新日:

 すでにほくそ笑んでいるのではないか。

 2月9日に開幕する平昌五輪に北朝鮮の参加が決まった。地元五輪の成功と北朝鮮の核開発凍結を目指す韓国の文在寅大統領と、スポーツ界最大の祭典を南北で盛り上げ、平和ムードを世界にアピールしたい北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の思惑が一致したからだ。理由はどうあれ、分断国家が手を取り合う大会となり、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だけでなく、世界は北朝鮮の参加を歓迎している。

 だが、この国にとって平昌五輪はスポーツの祭典なんて考えはこれっぽちもない。何しろ冬季五輪のメダルはこれまでたったの2個。初参加の1964年インスブルック大会のスピードスケート女子3000メートルの銀と92年アルベールビルの女子ショートトラック500メートルの銅だけ。68、76、80、94、2002、14年大会には参加すらしていない。今回もフィギュアスケートのペアなど10人前後の選手が派遣されるとみられるが、メダルを狙える競技は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る