平昌五輪でも目玉に? 北朝鮮“美女軍団”報道の過熱に苦言

公開日: 更新日:

 すでにほくそ笑んでいるのではないか。

 2月9日に開幕する平昌五輪に北朝鮮の参加が決まった。地元五輪の成功と北朝鮮の核開発凍結を目指す韓国の文在寅大統領と、スポーツ界最大の祭典を南北で盛り上げ、平和ムードを世界にアピールしたい北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の思惑が一致したからだ。理由はどうあれ、分断国家が手を取り合う大会となり、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だけでなく、世界は北朝鮮の参加を歓迎している。

 だが、この国にとって平昌五輪はスポーツの祭典なんて考えはこれっぽちもない。何しろ冬季五輪のメダルはこれまでたったの2個。初参加の1964年インスブルック大会のスピードスケート女子3000メートルの銀と92年アルベールビルの女子ショートトラック500メートルの銅だけ。68、76、80、94、2002、14年大会には参加すらしていない。今回もフィギュアスケートのペアなど10人前後の選手が派遣されるとみられるが、メダルを狙える競技は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  9. 9

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る