平昌五輪でも目玉に? 北朝鮮“美女軍団”報道の過熱に苦言

公開日: 更新日:

 すでにほくそ笑んでいるのではないか。

 2月9日に開幕する平昌五輪に北朝鮮の参加が決まった。地元五輪の成功と北朝鮮の核開発凍結を目指す韓国の文在寅大統領と、スポーツ界最大の祭典を南北で盛り上げ、平和ムードを世界にアピールしたい北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の思惑が一致したからだ。理由はどうあれ、分断国家が手を取り合う大会となり、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長だけでなく、世界は北朝鮮の参加を歓迎している。

 だが、この国にとって平昌五輪はスポーツの祭典なんて考えはこれっぽちもない。何しろ冬季五輪のメダルはこれまでたったの2個。初参加の1964年インスブルック大会のスピードスケート女子3000メートルの銀と92年アルベールビルの女子ショートトラック500メートルの銅だけ。68、76、80、94、2002、14年大会には参加すらしていない。今回もフィギュアスケートのペアなど10人前後の選手が派遣されるとみられるが、メダルを狙える競技は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る