視聴率低迷が確実視…平昌失敗で消える“2026年札幌五輪”

公開日:

 やはり「札幌五輪」は厳しいか。

 今大会は韓国国内でも盛り上がりに欠け、チケット販売に苦戦。IOCは3日、チケットの売り上げが全体の75%にとどまっていると発表したばかり。韓国政府は約3億円を負担してチケット4万2000枚も購入し、低所得者らに無料で配布。観戦を促している。

 テレビ視聴率の低迷も予想されている。韓国国内はもとより、ゴールデンタイムに生中継される欧米での関心も決して高いとはいえず、例えば男子アイスホッケーのプロが参加しないことから、それだけでも北米や北欧での視聴率は落ちることが確実視されている。

 集客に苦戦した揚げ句、テレビ視聴率の数字も伸びない。現地でのチケット、グッズ販売などの収入も見込めなければ、将来は放映権料の下落を招く。平昌が商業的に失敗すれば、今後の五輪開催地選定に影響するのは必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る