「開会式で死者」にも現実味…極寒の平昌はいまだ混乱中

公開日: 更新日:

「カル・パラム」(刀で刺されたような痛い風)、「コチュ・パラム」(唐辛子のように辛い風)。韓国ではこう表現するほどの極寒だ。ソウルは最低気温がマイナス12度。アイスアリーナのある江陵ではマイナス15度。9日の開会式は平昌五輪スタジアムで夜8時から。当初は屋根のあるドーム型も検討されたが、経費などの問題から屋根なしの構造となり、当日の気温がマイナス15度以下なら、体感温度はマイナス20度にも下がると予想されている。人間が長時間いられる所ではない。

 昨年11月には、ここでK―POPアイドルのコンサートが行われ、5人が低体温症で病院に運ばれた。気温は5度でも、屋根のない競技場に冷風が吹き込み、寒さに耐えながら公演を観覧していたことが原因だった。

 前回のソチ五輪では最低気温がマイナス2・7度。史上最悪の寒さの中での開会式となるのは確実だ。寒さに慣れているはずの韓国の記者でさえ「何人かの死者が出るのは確実だ」とつぶやいていた。5日には老人に外出禁止の勧告も出たほどだから、決して大袈裟な話ではない。ちなみに、史上最も寒い冬季五輪は1994年のノルウェー・リレハンメル大会。この時はマイナス11度だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  7. 7

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  8. 8

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

  9. 9

    施政方針演説に疑問…コロナ収束より東京五輪開催が本音?

  10. 10

    コロナ禍で失業「食料品を1年間買わないことにしました」

もっと見る