「開会式で死者」にも現実味…極寒の平昌はいまだ混乱中

公開日:

「カル・パラム」(刀で刺されたような痛い風)、「コチュ・パラム」(唐辛子のように辛い風)。韓国ではこう表現するほどの極寒だ。ソウルは最低気温がマイナス12度。アイスアリーナのある江陵ではマイナス15度。9日の開会式は平昌五輪スタジアムで夜8時から。当初は屋根のあるドーム型も検討されたが、経費などの問題から屋根なしの構造となり、当日の気温がマイナス15度以下なら、体感温度はマイナス20度にも下がると予想されている。人間が長時間いられる所ではない。

 昨年11月には、ここでK―POPアイドルのコンサートが行われ、5人が低体温症で病院に運ばれた。気温は5度でも、屋根のない競技場に冷風が吹き込み、寒さに耐えながら公演を観覧していたことが原因だった。

 前回のソチ五輪では最低気温がマイナス2・7度。史上最悪の寒さの中での開会式となるのは確実だ。寒さに慣れているはずの韓国の記者でさえ「何人かの死者が出るのは確実だ」とつぶやいていた。5日には老人に外出禁止の勧告も出たほどだから、決して大袈裟な話ではない。ちなみに、史上最も寒い冬季五輪は1994年のノルウェー・リレハンメル大会。この時はマイナス11度だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る