「開会式で死者」にも現実味…極寒の平昌はいまだ混乱中

公開日:

「カル・パラム」(刀で刺されたような痛い風)、「コチュ・パラム」(唐辛子のように辛い風)。韓国ではこう表現するほどの極寒だ。ソウルは最低気温がマイナス12度。アイスアリーナのある江陵ではマイナス15度。9日の開会式は平昌五輪スタジアムで夜8時から。当初は屋根のあるドーム型も検討されたが、経費などの問題から屋根なしの構造となり、当日の気温がマイナス15度以下なら、体感温度はマイナス20度にも下がると予想されている。人間が長時間いられる所ではない。

 昨年11月には、ここでK―POPアイドルのコンサートが行われ、5人が低体温症で病院に運ばれた。気温は5度でも、屋根のない競技場に冷風が吹き込み、寒さに耐えながら公演を観覧していたことが原因だった。

 前回のソチ五輪では最低気温がマイナス2・7度。史上最悪の寒さの中での開会式となるのは確実だ。寒さに慣れているはずの韓国の記者でさえ「何人かの死者が出るのは確実だ」とつぶやいていた。5日には老人に外出禁止の勧告も出たほどだから、決して大袈裟な話ではない。ちなみに、史上最も寒い冬季五輪は1994年のノルウェー・リレハンメル大会。この時はマイナス11度だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る