• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドーピング問題恨み ロシアハッカー集団が狙う検査データ

 IOC(国際オリンピック委員会)、WADA(世界ドーピング防止機構)のホストコンピューターがハッカーのターゲットになっているという。

「黒幕」とみられているのはロシアだ。国家ぐるみのドーピングでIOCから資格停止処分を科され、今大会はロシア代表としての出場が認められず、身の潔白が証明された169選手のみが個人資格で参加する。

 自身も関与したとの疑惑が浮上したプーチン大統領は、一貫して「米国による反露キャンペーン」を主張。一時はボイコットも辞さない構えも見せた。依然としてロシア国内では「米国による陰謀説」が根強いとされ、大会期間中に報復に出るとの噂もある。ロシア国内には政府や軍部直属のハッカー集団が組織されているといわれ、これまでも他国政府の情報システムに侵入して、妨害工作を図ってきたとされる。

 ハッカー集団はスポーツの分野でも暗躍している。2016年リオ五輪前にはWADAのシステムが何者かにハッキングされ、トップアスリートの薬物使用履歴が流出した際にもモスクワのサイバーテロ集団の関与がささやかれた。

 今大会、IOCはWADAと連携して「ロシアからの五輪選手」の薬物検査を徹底する。検体から陽性反応が出ても、ハッカーによってデータが改ざんされる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る