北の美女軍団「三池淵管弦楽団」は超エリートセレブ揃い

公開日:

 ハッと目を奪われるほどの美女揃いだった。9日開幕の平昌五輪を前に、北朝鮮の女性応援団と芸術公演を行う「三池淵管弦楽団」が7日、韓国に入国した。

 燃料切れでフラフラの「万景峰92号」から下船した100人超の美女芸術団は皆、揃って深紅のコートに身を包み、黒革のブーツを履き颯爽と登場。手を振りながら「アニョハセヨ」と周囲に振りまいた笑顔には「バッチリメーク」が施され、肌ツヤも抜群だった。

 北朝鮮国民といえば、昨年11月、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店で韓国側に亡命した兵士の腹から大きなサナダムシが見つかったことが記憶に新しい。今回、訪韓した美女軍団もてっきりガリガリにヤセ細っているのかと思ったら、皆スタイル抜群だったから驚きだ。

 寄生虫学の第一人者、藤田紘一郎氏は体内でサナダムシを飼うことで健康を保っていた。著書にも「いい女には虫がつく。」(主婦と生活社)とあったが、まさか、美女応援団もサナダムシを体内に飼うことで美貌を保っているのか。デイリーNKジャパン編集長の高英起氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る