• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北の美女軍団「三池淵管弦楽団」は超エリートセレブ揃い

 ハッと目を奪われるほどの美女揃いだった。9日開幕の平昌五輪を前に、北朝鮮の女性応援団と芸術公演を行う「三池淵管弦楽団」が7日、韓国に入国した。

 燃料切れでフラフラの「万景峰92号」から下船した100人超の美女芸術団は皆、揃って深紅のコートに身を包み、黒革のブーツを履き颯爽と登場。手を振りながら「アニョハセヨ」と周囲に振りまいた笑顔には「バッチリメーク」が施され、肌ツヤも抜群だった。

 北朝鮮国民といえば、昨年11月、韓国と北朝鮮の軍事境界線上にある板門店で韓国側に亡命した兵士の腹から大きなサナダムシが見つかったことが記憶に新しい。今回、訪韓した美女軍団もてっきりガリガリにヤセ細っているのかと思ったら、皆スタイル抜群だったから驚きだ。

 寄生虫学の第一人者、藤田紘一郎氏は体内でサナダムシを飼うことで健康を保っていた。著書にも「いい女には虫がつく。」(主婦と生活社)とあったが、まさか、美女応援団もサナダムシを体内に飼うことで美貌を保っているのか。デイリーNKジャパン編集長の高英起氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る