太田理財局長 決裁書き換え「私個人には理解ができない」

公開日: 更新日:

 財務省の佐川宣寿・前国税庁長官“頼み”が際立ってきた。

 14日の参院予算委員会で、財務省の太田充理財局長は、森友決裁文書の改ざん問題について、「佐川氏の関与の度合いは大きかったと思う」と踏み込んだ。さらに、なぜ改ざんが必要になったのかという質問では、こう答弁した。

「自分が答弁したことと、それが誤解を招かないように決裁書を書き換えるのは、私はどう考えても結びつく話ではない。正直に言うと、私個人には理解ができない」

 これまで、「金額についてのやりとりはあったが、価格の提示はしていない」などと自分も国会答弁でウソをつき続けてきたのに、いきなり被害者ヅラのこの変わり身にはア然である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  5. 5

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  6. 6

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  9. 9

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

  10. 10

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

もっと見る