更迭連発に河野外相アタフタ 暴走トランプ“本当の狙い”

公開日:

 史上初の米朝首脳会談を控えるトランプ大統領のハチャメチャな言動に、安倍政権は振り回されっぱなしだ。電撃決定に泡を食った安倍首相は、4月上旬の日米首脳会談を申し入れ。地ならしで訪米する直前、ティラーソン国務長官が解任され、会談相手がいなくなった河野外相はアタフタ。国家安全保障担当のマクマスター大統領補佐官の更迭方針も報じられた。北朝鮮問題に携わる米国の安保・外交の司令塔が次々に消える異常事態だ。

「陸軍中将のマクマスター補佐官は政権内では対北強硬派のひとりと目されていましたが、当初からトランプ大統領との不仲が懸念されていました。ティラーソン氏の解任もそうですが、トランプ大統領は感情優先で、理論は後回し。マクマスター補佐官とは気が合わないので、ケミストリーの合う人物を後継に据えようということでしょう。米朝会談に向けて韓国との緊密なコミュニケーションが不可欠ですが、そんなことには無頓着。盟友だという安倍首相にもお構いなしなのは明らかです」(国際ジャーナリストの春名幹男氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る