改ざん、隠蔽…行政の不正続発の背景に“政府の活動の質”

公開日: 更新日:

  ――それにしても、改ざんまでやるとは……。

 改ざんとか、情報を抜いて出すというのは、情報公開の仕組みが始まって以来、実は時々起こっています。役人のつまらない保身によって、そういうことが起きるのです。

  ――珍しくないんですね。

 今回は国の財産である国有地の契約についての決裁なので、改ざんが大規模になった面はあります。しかし、日常的な決裁や起案レベルでは、中身を理解している人が限られているし、外部から関心を持たれることもありませんから、流れ作業で処理されている。情報を持っているのは行政で、情報公開請求をしても出てきたものが全てだと思うしかないので、気付いていないことがたくさんある。分かっただけでも、改ざんやそれに類する問題は起きています。

  ――どれを出すかは行政の裁量。不都合な部分を抜き取られても分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る