市場が警戒…株価暴落「セル・イン・メイ」襲来の足音

公開日:

 相場格言の「セル・イン・メイ(株は5月に売れ=株価の下落局面)」に襲われた――。兜町関係者からタメ息が聞こえてくる。日経平均は23日に続き、24日も250円以上値を下げて引けた。

「リバウンド相場は終わったとみるべきでしょう。23日の日経平均はチャートの節目だった2万2796円を下回って引けました。上昇チャートは崩れたのです」(株式アナリストの黒岩泰氏)

 3月下旬に付けた2万347円を底に、リバウンド相場が始まった。今週21日には3カ月半ぶりに2万3000円(終値)の大台を突破したが、勢いは続かなかった。

「株価下落の要因は、トランプ米大統領が示唆した米朝首脳会談の延期です。これで相場の流れは変わってしまった。6月12日に予定されている米朝首脳会談まで、モヤモヤした取引が続くことになるでしょう」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る