早大が専任職員の“脱税”黙認? 6.14総長選に直結で大揺れ

公開日:

 来週14日(木)に総長選を控える早稲田大学が、北京の税務当局から届いた“照会状”に大揺れになっている。早大の専任職員が“脱税状態”にあり、それを早大は承知しながら黙認していた疑いが持ち上がっているのだ。

 北京市税務署の照会状は、2018年5月15日付。早大の北京事務所に勤務する中国人Aさんは、中国で納税する義務があるにもかかわらず、未納の疑いがあると、雇用主である早大に説明を求めるものだった。

 なぜ、Aさんの“納税問題”に早大が揺れているのか。

「もともと、Aさんは早大の大学院で学んでいた留学生でした。帰国後、2004年から2015年まで北京で働いています。当初は早大の関連会社の社員として、2010年からは早大の専任職員として勤務しています。当然、税金は中国で納税する必要があります。でも、なぜか早大は給与から源泉徴収し、Aさんの税金を日本で納めていた。理由は、Aさんの永住権取得や帰化のためだったとみられています。永住権を取得するためには、原則、日本での5年間の納税実績が必要です」(早大関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る