米朝会談は最終調整 両首脳シンガポール入りで厳戒態勢

公開日: 更新日:

 米朝首脳会談を12日に控え、シンガポールは次第に緊張が高まっている。

 金正恩委員長は日本時間10日午後3時半ごろ、平壌から中国国際航空の特別機でチャンギ国際空港に到着。シンガポールのリー・シェンロン首相と会談した。金委員長の妹の与正朝鮮労働党第1副部長、芸術団の玄松月団長の同行も確認された。

 一方、カナダでのG7首脳会談を終えたトランプ大統領は午後9時半ごろ、大統領専用機でパヤ・レバー空軍基地に到着。そのまま宿泊先のホテルに入った。

 金委員長が宿泊する「セントレジデンス・シンガポール」とトランプ大統領が宿泊する「シャングリラ・ホテル」は、どちらもシンガポール中心部に設定されている「特別行事区域」にあり、徒歩数分の距離。両ホテル周辺は黄色のテープで規制線が張られ、関係者以外の立ち入りが厳しく制限されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  9. 9

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  10. 10

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

もっと見る