• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

資格なし職員が検査 大阪ブロック塀崩壊に専門家も呆れた

 大阪北部地震で、高槻市立寿栄小4年、三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きとなって死亡した事故。

 高槻市教育委員会は、事故前に専門家からブロック塀の危険性を指摘されて点検をしていたが、なんと「資格」のない素人が点検し「安全」と判断していた。きのう(22日)、市教委が会見で明らかにした。

 倒壊したブロック塀の危険性については、地域や学校の安全を全国で講演している防災アドバイザーの吉田亮一氏(60)が、3年前の2015年11月、寿栄小を訪問した時、学校に伝えていた。講演開始前に通学路を歩いて危険な箇所をチェックした吉田氏は、問題のブロック塀に気づき、教頭に「あのブロック塀は危ない」と伝えたという。さらに、念押しする目的で1カ月後の12月、「(1981年の)建築基準法改正前につくられたブロック塀には特に注意が必要」と、注意を促すメールを改めて学校に送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る