資格なし職員が検査 大阪ブロック塀崩壊に専門家も呆れた

公開日: 更新日:

 大阪北部地震で、高槻市立寿栄小4年、三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きとなって死亡した事故。

 高槻市教育委員会は、事故前に専門家からブロック塀の危険性を指摘されて点検をしていたが、なんと「資格」のない素人が点検し「安全」と判断していた。きのう(22日)、市教委が会見で明らかにした。

 倒壊したブロック塀の危険性については、地域や学校の安全を全国で講演している防災アドバイザーの吉田亮一氏(60)が、3年前の2015年11月、寿栄小を訪問した時、学校に伝えていた。講演開始前に通学路を歩いて危険な箇所をチェックした吉田氏は、問題のブロック塀に気づき、教頭に「あのブロック塀は危ない」と伝えたという。さらに、念押しする目的で1カ月後の12月、「(1981年の)建築基準法改正前につくられたブロック塀には特に注意が必要」と、注意を促すメールを改めて学校に送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る