資格なし職員が検査 大阪ブロック塀崩壊に専門家も呆れた

公開日:

 大阪北部地震で、高槻市立寿栄小4年、三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きとなって死亡した事故。

 高槻市教育委員会は、事故前に専門家からブロック塀の危険性を指摘されて点検をしていたが、なんと「資格」のない素人が点検し「安全」と判断していた。きのう(22日)、市教委が会見で明らかにした。

 倒壊したブロック塀の危険性については、地域や学校の安全を全国で講演している防災アドバイザーの吉田亮一氏(60)が、3年前の2015年11月、寿栄小を訪問した時、学校に伝えていた。講演開始前に通学路を歩いて危険な箇所をチェックした吉田氏は、問題のブロック塀に気づき、教頭に「あのブロック塀は危ない」と伝えたという。さらに、念押しする目的で1カ月後の12月、「(1981年の)建築基準法改正前につくられたブロック塀には特に注意が必要」と、注意を促すメールを改めて学校に送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る