フジッコ9期連続増収増益 「塩こんぶ」新ニーズ開拓で牽引

公開日:

 フジッコ(神戸市)が“半端ない”快進撃を続けている――。

 主力製品「塩こんぶ」が、新しいニーズを開拓し、右肩上がりの原動力になっている。いったい何がウケているのか。

 2018年3月期決算は、売上高629億円、営業利益53億円だったが、ナント9期連続の増収増益。今、来年度も増収増益を見込んでいて、達成すれば10年超の右肩上がりである。巨人のV9よりスゴイじゃないか。

 塩こんぶといえば、おにぎりの具など「ごはんのお供」というイメージだが、次々と新しい用途が開拓されている。

 フジッコだけでなく塩こんぶ市場(全体)も、ここ2年で113%に伸長している。

「野菜などと組み合わせて、調味料的に使われ、ごはん以外の市場が拡大しました。最近は、コンビニの和菓子やたい焼きと一緒に食べるなどスイーツのお供や、スポーツでの塩分補給でも好評です」(フジッコ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る