5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

公開日:

 証券会社からの5000万円借り入れ問題で窮地に立つ細野豪志元環境相(無所属)が地元の静岡・沼津市で開いたセミナーが、永田町の話題を集めている。11日に「細野豪志・振起の会」と称して開催。案内状には落ち目の細野氏を〈振るい起こすため〉〈このまま凡庸な政治家で終わらせてはならない〉とあり、危機感がヒシヒシ。会費は1人1万円で、細野支持の地元経営者らが参加した。

 細野氏は5000万円について「使うことなく返したが、反省すべきは反省する」などと釈明。臆測を呼んでいるのが第1部のトークイベントだ。なぜか、引退した自民党の久間章生元防衛相をゲストに招いたのだ。

「細野氏は、久間氏と災害と自衛隊についてトーク。自衛隊の活動を持ち上げていました。久間氏といえば防衛相時代を含め、さまざまな利権疑惑を指摘された人物だけに、組み合わせに違和感を覚えました」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る