溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

高山若頭の出所が期限 「6代目山口組」に新たな内紛の動き

公開日:

 とすれば、司組長が高山若頭の出所前に分裂騒ぎをおさめ、胸を張って組長を続けたくなって当然だろう。誰が具体的に3派分裂を収拾するのか。

 分裂は高山若頭の服役を見届けるようにして始まったとはいえ、もともと高山若頭が主導した恐怖政治が大もとの原因だ。そういう高山若頭が3派をまとめ上げる形で、事態の収束を図れるわけがない。

 解決役としては当然、高山若頭が外れるし、実際、服役中だから配下も動きにくい。高山若頭に連なる竹内照明若頭補佐も外れることになるだろう。つまり、司―高山―竹内という弘道会万代路線は解消されるのだ。

 これまでは高山若頭の有能さだけが注目された弘道会だが、誰の意向を一番に尊重すべきかといえば、山口組の当代、司組長になっていく。

 こうした思惑が背景となって、6代目山口組の中心団体、弘道会はおおよそ3派に色分けされそうだ。1つは高山・竹内派であり、これは従来路線維持の保守派だ。もう1つは本来が当代として立てなければならなかった司派だ。改革派といえる。あと1つは中間派で、まだどちらにつくべきか気持ちが定まらない一派である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る