トランプ政権が創設 コスト莫大“宇宙軍”は日本がカネづる

公開日: 更新日:

「われわれは宇宙を支配しなければならない」――。米ペンス副大統領は9日、空軍や海軍などに次ぐ6番目の軍として、2020年までに「宇宙軍」を創設する計画を発表した。トランプ大統領は「宇宙軍だ。絶対に!」とツイートした。

 宇宙からの侵略者に対して、地球を守ってくれるのかと思いきや、そうではない。宇宙を舞台にした大国の軍拡競争なのだ。軍事ジャーナリストの世良光弘氏が言う。

「トランプ政権は中国やロシアの宇宙開発に危機感を抱いています。中ロは、GPSや偵察衛星を撃墜する衛星攻撃兵器(ASAT)の開発を加速させている。また、ロシアのマッハ5を超える超音速ミサイルの迎撃は、地上では対応できないため、トランプ政権は、宇宙空間にミサイル防衛システムを配備したい。宇宙条約で宇宙空間への大量破壊兵器配備は禁止されていますが、迎撃システムなら配備可能との解釈です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  6. 6

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  7. 7

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  8. 8

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    菅氏の郷里の長姉は仕送りを証言…苦学して法大卒業の真偽

もっと見る