スルガに大林組 慶応評議員選に不祥事企業トップ次々出馬

公開日:

 スルガ銀行の岡野光喜会長(73=67年経済学部卒)と大林組の大林剛郎会長(64=77年経済学部卒)である。創業家会長として30年以上も君臨した岡野氏は、不適切融資問題で引責辞任の意向を固めたばかり。大林組はリニア談合を主導し、公判が続いている。不祥事企業のトップが候補に次々出馬とは、まさにモラルなき選挙戦だ。

「慶応の評議員は理事会よりも古い最高議決機関として、絶大な権力を持つ。その権限は『塾長(理事長兼学長)や常任理事の選任、予算及び重要な資産処分の承認、学部や研究所の設置』など多岐に及びます」(慶応関係者)

 慶応は約4300億円を誇る“金満学校”。その全権を掌握する立場は魅力的で「評議員選出は慶応出身の財界人には最高の名誉」(慶応OB)といわれる。だからこそ、行き過ぎた集票活動が新聞や週刊誌のネタにもなってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る