スルガ銀行の不正融資 被害オーナーは30~50代が9割以上

公開日:

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」への投資を巡り、不正融資があったスルガ銀行は、創業家出身の岡野光喜会長兼CEO(73)だけでなく、米山明広社長(52)と白井稔彦専務(64)も引責辞任する見通しとなった。代表権を持つ役員3人がすべて辞任する異例の事態だ。

 29日は、スルガ銀の融資問題で被害に遭った物件オーナーの弁護団が会見し、オーナー約180人へのアンケート調査結果を公表した。それによると、オーナーの年齢で最も多いのは40代で37%。これに30代と50代を合わせると96%となり、ほとんどが働き盛りの30~50代だったことが分かる。職業については、会社員が78%と多く、他に医師や公務員などもいた。

 購入した物件は、ほとんどが東京都内にあるものの、都内在住のオーナーは43%で、全国に被害者がいた。購入した棟数は半数以上の人たちが1棟で、2棟、3棟と複数棟を所有している人もいた。平均借入額は1棟当たり1億3130万円だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る