スルガに大林組 慶応評議員選に不祥事企業トップ次々出馬

公開日:

「現役学生の集団レイプが発覚した際、慶応のトップは謝罪会見を開いたか? 学生が不祥事を起こすたび、トップが頭を下げる必要はない」――。日大の田中英寿理事長は周囲にそう吹聴しているという。アメフト部の悪質タックル問題以降、一度も公の場に出てこないのは慶応を見習っているというわけだが、日大のドンの“悪い手本”となっている慶応で、新たに非常識な動きだ。

 先週末、約29万人のOBのもとに4年に1度の「評議員選挙」の知らせと投票用紙、立候補者一覧が届いた。

 評議員101人のうち、30人の卒業生評議員はOBの直接投票で選ぶ。候補56人には日清食品の安藤宏基社長、サントリーの佐治信忠会長、東京海上HDの永野毅CEOら大企業トップの他、麻生財務相の弟で麻生セメントの泰会長、自民党の高村副総裁の長男・正大衆院議員と政治色の濃い面々も居並ぶ中、場違いな名が交じっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る