スルガに大林組 慶応評議員選に不祥事企業トップ次々出馬

公開日: 更新日:

「現役学生の集団レイプが発覚した際、慶応のトップは謝罪会見を開いたか? 学生が不祥事を起こすたび、トップが頭を下げる必要はない」――。日大の田中英寿理事長は周囲にそう吹聴しているという。アメフト部の悪質タックル問題以降、一度も公の場に出てこないのは慶応を見習っているというわけだが、日大のドンの“悪い手本”となっている慶応で、新たに非常識な動きだ。

 先週末、約29万人のOBのもとに4年に1度の「評議員選挙」の知らせと投票用紙、立候補者一覧が届いた。

 評議員101人のうち、30人の卒業生評議員はOBの直接投票で選ぶ。候補56人には日清食品の安藤宏基社長、サントリーの佐治信忠会長、東京海上HDの永野毅CEOら大企業トップの他、麻生財務相の弟で麻生セメントの泰会長、自民党の高村副総裁の長男・正大衆院議員と政治色の濃い面々も居並ぶ中、場違いな名が交じっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る