セブン・ドリーマーズ 阪根信一社長<2>13年かけて「全自動衣類折りたたみ機」完成

公開日:

「セブン・ドリーマーズ」は、2011年に設立されたばかりのベンチャー企業だ。まだ、社員約100人の小さな会社だが、高い技術力とユニークな商品開発が評価され、2017年には「日本ベンチャー大賞『技術革新賞』」、2018年には「ものづくり日本大賞『優秀賞』」を受賞している注目企業である。

 すでに商品開発されたゴルフのシャフトは、1本12万円以上もするのに、富裕層が買い求めているそうだ。既存のゴルフメーカーには難しかった技術を使い、飛距離が伸び、弾道が安定するシャフトを作ることに成功したという。ジャンボ尾崎など多くのプロが使っている。

 社長の阪根信一は、兵庫県出身。大学卒業後、米国のデラウェア大学に留学し、博士課程を修了した技術者である。学生時代から起業することを考えていたという。

 帰国後の2000年、まず父親が経営する「アイ・エス・テイ」に入社。「アイ・エス・テイ」は、フッ素樹脂と機能性複合繊維の開発を手掛ける会社だ。「アイ・エス・テイ」は、法人相手のビジネスだったが、阪根は消費者を相手にする商売がしたいと考えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る