加藤総務会長「ポスト安倍に急浮上」とメディアが騒ぐワケ

公開日: 更新日:

 自民党の加藤勝信総務会長(62)が「ポスト安倍」に急浮上していると大メディアがしきりに報じている。20日の共同通信は「改憲論議で問われる真価」と題し、党の取りまとめ役である総務会長として成果が出せるかどうかがポスト安倍への試金石、という記事を配信した。今月2日の内閣改造・自民党執行部人事後、最初に加藤大臣の名前をクローズアップしたのは読売だが、朝日、日経、時事、産経、毎日、共同と続き、いまや当然のように、石破元幹事長や岸田政調会長と併記されている。

 加藤大臣はまだ当選6回に過ぎず、今回初めて党三役になったばかり。この破格の扱いは何なのか。それほどの人物なのか。

「退陣後もキングメーカーを目指す安倍首相やその周辺がメディアに加藤さんを売り込んでいるだろうことは想像に難くありませんが、背景にあるのはゴッドマザーの強力なプッシュ。安倍首相の母・洋子さんと加藤さんの義母・睦子さんの2人が、加藤さんの確実な出世を首相に指示しているようなのです」(自民党ベテラン議員)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る