小池都政は覚悟が必要…歴史が語る「築地閉場10年闘争」

公開日: 更新日:

 また「排除」だ。築地市場内で今後も営業を続けるなどとして所有物を残す一部業者に、小池都政が撤去を求める仮処分を東京地裁に申し立てた。申請は18日付。市場跡地は2020年2月までに解体工事を完了させ、東京五輪の車両基地や環状2号線として活用する計画だ。都は開催に間に合わないとして、五輪を“錦の御旗”に仮処分申請に踏み切った。

 都は業者を“邪魔者扱い”だが、今なお営業中の業者にも法的根拠が存在する。その根拠が「営業権」で、都が業者に与えた営業許可と、業者が築地市場で培ってきた「のれんの価値」に裏付けされている。そのため、今年6月に一部業者は「営業権組合」を結成。都に築地市場での営業権損失に伴う補償交渉を求め続けているが、都は一切、応じようとしない。

「憲法は29条3項で〈私有財産は正当な補償の下に、これを公共のために用いることができる〉と定めています。さらに、91年の千葉中央卸売市場の移転に伴う損失補償に関する東京高裁判決により、業者は市場に設置した設備の損失補償を求めることができる旨の判例もあるのです。都が補償の手続きを踏まず、いきなり『強制収容』の仮処分を申請するのは、業者の正当な要求に対する一種の脅迫です」(営業権組合を支援する1級建築士の水谷和子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る