ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

公開日: 更新日:

「残念だね……」と惜しむ声しきりだ。東京・築地市場の移転に伴い、市場内にある牛丼の「吉野家」1号店が10月6日で営業を終了。59年の歴史に幕を下ろす。

 国内1205店、米中など海外829店(2018年8月現在)の“原点”が消える。

 紆余曲折はあった。

 吉野家は1899年、東京・日本橋にあった魚市場に個人商店として誕生。1926年に関東大震災で魚市場が築地へ。それに伴い、同店も移転したが、45年の東京大空襲で店舗が焼失。戦後すぐに屋台で営業を、2年後の47年に築地市場で店舗営業を再開した。

 58年に法人化。翌59年から数十メートル離れた現在の場所に店舗を構え、1号店と位置づけられ、現在に至る。

 2004年に牛海綿状脳症(BSE)問題で米国産牛肉の輸入が禁止され、全国の吉野家から牛丼が消えた時も、1号店だけは国産牛を使用して提供し続けたという“伝説の店”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る